FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

】【感動の即尺生挿入】平成うまれ未成年ソープ嬢とメモリアルハードファック【感涙の膣内射精】

徐々に平成うまれの女の子たちが成人の仲間入りをしていきます。
ソープ嬢にテクニックより若さを求める男なら“すべての平成うまれの娘たちが未成年である間に”平成うまれのソープ嬢を相手に激しく膣内射精したい!と思うはずです。
この気持ちをわかってくれますよね。
とはいえ、未成年ソープ嬢の就労を許さない東京都のソープランドにこだわる限り、その夢は叶わないわけですよ。
そこで、その夢を実現するために、20歳未満であっても18歳以上の女の子なら、働くことが許される地方都市を調べあげると同時に、平成うまれの未成年ソープ嬢の情報等を少しずつ収集していました。
その結果、いくつかの某地方都市が大衆ソープでさえ生挿入や膣内射精もOKという店が多く、未成年ソープ嬢の就労にも寛容であることを突き止めました。
そして、2008~2009年の年末年始の9連休に1日だけ有給休暇を追加して、正真正銘の平成うまれ未成年ソープ嬢との肉弾戦を夢見て、四国某市と九州某市の2つの地方都市に飛びました。

結果、自称18歳の女の子に5名、自称19歳の女の子に3名、合計8名の女の子に1人につき最低2回・最高4回、合計22回の射精(膣内射精19回・口内射精2回・腹上射精1回/すべてコンドーム不使用)を楽しませていただきましたが、そこの所は“風俗年齢”が幅をきかす世界ですから、その女の子が本当に平成うまれか、未成年なのか・・・なんて実際にはわかりませんよね。
ところが、そんな期待をいい意味で裏切ってくれる素晴らしいソープ嬢がいました。
自称18歳の女の子でした。
入浴前に
『本当に18歳なの?』
と軽口を叩いてみたらムキになって、わざわざ運転免許証を取り出して(氏名は隠しながらも)本人の顔写真と生年月日を見せてくれました。
たしかに、平成2年3月うまれの18歳でした。
写真も明らかに本人。
茶髪でもなく、たいへん真面目で、普通の清楚そうな女の子でした。
身長147cm、体重42㎏、スリーサイズ82(きれいなピンク色の乳頭でしたよ)-58-84の華奢なボディが、突然、まばゆく見え始めました。
その店は、100分総額3万円で、即尺即ベッドで1回戦→マットで2回戦→再びベッドで3回戦が基本的な流れで、男の精力が回復すれば4回戦もOKというハードサービスが売りという情報を仕入れていました。
ですから、『正真正銘の平成うまれの未成年ソープ嬢の肉体を、しかもこんなにカワイイ女の子の華奢な肉体を独占できるばかりか、膣内射精もできるのか!』と思うと、全身に喜びが満ちていくことがわかりました。
実際に、自分自身のペニスがはちきれそうになりました。
自己紹介もそこそこに、いきなり私のペニスに喰らいついて即尺をしてくれました。
18歳であることが信じられないほどの、素晴らしいフェラチオでした。
10分に迫るフェラチオの後、彼女は
『お客さんはエライ。ちゃんと洗っているから、ペニスが臭くない。それに私のフェラチオでいかないという意味でスゴイ。尊敬します。』
と語ってくれました。
あたりまえです。
その前日まで5日連続でソープに通っているんだから。
そして、その女の子が私にまたがり、騎乗位で生挿入へ。
激しい上下動により、だんだん我慢できなくなってきました。
私は上半身を起こして彼女を軽々と持ち上げた後、ゆっくり立ち上がって、いわゆる駅弁ファックのスタイルに。
そして、
『君のヴァギナと俺のペニスが結合してるよ、二人の肉体が一体化しているよ!』
と言い渡し、その子にスウィート・スポットを見せ付けました。
そうすると
『お客さん、やば~い! 私のアソコがお客さんのペニスの形になっちゃう!』
等という危ない言葉を発しました。
もちろん、そのまま膣内射精したかったのですが、実際に射精の瞬間が近づいてくると
『こんなカワイイ未成年の女の子に、本当に膣内射精していいのだろうか?』という良心の呵責と『未成年の女の子に膣内射精できる、せっかくの機会を逃すな!』というオスとしての本能が、私の心の奥底でせめぎあいを始めました。
そして、私は射精する瞬間、
『中に出したい! しかし、申し訳ない・・・』
ということで、今回のセックスツアーを通じて、唯一の腹上射精をしてしまいました。
すると、その子は、おなかの上の精液をすくいながら、甘い声で
『どうして、中に出してくれなかったんですか?』
と悲しそうな顔をしながら語り、やさしくフェラチオしながら、ペニスの中に残る精液をきれいに吸い取ってくれました。

次に、お風呂へ。
ねっとりとした潜望鏡の後、マットプレーの最中に予告なく騎乗位で生挿入。
その子のあまりにも激しい上下動に耐え切れなくなり、私は
『本当に、このまんま中に出していいのかい?』
と尋ねました。
女の子は
『この店では、中出しが普通なんです!』『お願い、このまま中に出して!』
と大きな声で叫んだのです!
その声が本心からの言葉ではないとわかっていても、男なら、女の子に膣内射精を求められるとやっぱり嬉しいものですよ。
休むことなく私のペニスをしごき続けるその子の膣内に、私は溜まりに溜まった白濁液を流し込みました。
私の夢が叶った瞬間です。
そして、3回戦は正常位で生挿入した後、姫の体を横に倒して横ハメを満喫。
その子が
『あっ、私が求めていた体位!』
と絶叫したので、その後20分~30分間にわたりピストン運動を継続して、時間切れ5分前に、その子の子宮に、私の子供を妊娠させる勢いで、最後の膣内射精を楽しみました。

たとえ、ほかの7名が平成うまれの未成年ソープ嬢ではなかったとしても、正真正銘の平成うまれ未成年ソープ嬢を相手に【感動の即尺生挿入】を3回【感涙の膣内射精】を2回満喫できた2008~2009年の年末年始は、最高の冬休みになりました。

追伸
なべキチさん! このメモリアルハードファックを終えた後、今頃になって、喜びがこみ上げて来ました。
見知らぬ街で、今をときめく●澤ま●みや戸●恵●香や堀●真●よりも年下の、しかも初対面の若い娘に即尺をしてもらい、生で肉壁の感触を味わい、禁断の膣内射精を楽しむことができたのですから。
また、投稿します!

また行きます 

出張先の関西でお酒の勢いでふらりとよったホテルそばの風俗店。
「8時前やし60分で18000円、90分で21000円スペシャルの90分が25000円でいいわ」
「ちょっと高いがスペシャルってどんなサービス?」と聞く俺に
「兄ちゃんどっちがいい?」とせかすおっさんの後ろに出勤のおねーちゃんが入る。

コートに網タイツとピンヒールの脚、アップにしたくくった髪、キリッとした顔立ちの女王様みたいに見えた。
「今の子ならスペシャルの90分でもいいよ」
「ミワちゃんね兄ちゃんやるな~ええ子選ぶやん」
「またまた~騙してない?」
「わし長いけど騙しは無いで!何ならサービス悪かったら入場料返すわ」
「ホント??」
何て駆け引きも楽しんでサービスに栄養ドリンクをくれた(笑

小さな部屋で待つといい香りが近づいてくる。
ドキドキしながら待っていると彼女が登場。
さっきのミワちゃんだ。

さっさと脱いでパンツ一丁な俺が変なオジサンダンスでお迎え。
彼女が笑いながら脱がせてくれて

おお!チ○コに優しくキッス

即尺を少ししてくれてシャワーに。
洗い終わったのでくびれた腰を抱きながら立ったチ○コを彼女のお尻にスリスリ。
更に突き出させてオ○○チョにこすり付ける。
「もう気が早いのね」と笑われながら前から彼女の中に指を入れる。

「あったかいよ中が…」
「もうせっかちー本当にエッチだね」
笑われながらベッドへ。

「こんどは私が攻めるんだよ」
そう言うと立ったチ○コを手でしごき出した彼女。
「ほらこんなに硬くなってる」
「いやらしいねお兄さんのチ○ポ」
「先から涙流しているよ、ほら!」

さきっぽから糸を引いたので遊ばれる。
先を開いて舌先で攻められしごかれる。

「このオチ○ポいやらしいよ」
「血管が浮き出てガチガチでギンギンだね」
「噛んで舐めて欲しいの?」
いやらしい顔をして下を出して舐めるまねをする。
後1cmなのに焦らすだけ焦らされる。

「フェラしてよ」

「ドMちゃんならちゃんとお願いしないとしてあげないよ」
「どうして欲しいんだい?」
「カチカチのチンチンどうして欲しいんだい?」

「お口で気持ちよくして欲しいです」

「解らないなーどうして欲しいの言ってごらん、他の部屋に聞こえるように」

「チンチンしゃぶって欲しいです」

音楽に混ざって隣から笑い声が聞こえる。
他からはフェラチオされているジュポジュポといやらしい音が聞こえる。
凄く恥ずかしくなりさらに勃起する。

「ほらお前は恥ずかしいことが好きなんだね」
「しごかれながらもっとケツの穴突き出してごらん…」
「ほら恥ずかしい格好で自分の姿を見てみろよ」

「恥ずかしいです女王様」

「恥ずかしいのが好きなんだろ」
「他の子にも恥ずかしい姿見せてあげようか?」
「りんちゃん見に来て」

突然ドアが開いて半裸の女の子が入ってくる。
ニヤニヤしながらミワちゃんがまたぐようにオ○○コを口に押しつけてくる。

「ほら舐めなさい好きなんだろ?」

入ってきたりんちゃんにゴムのついた指でおしりの穴をコネコネされる。

「入れられるのは好きかい?」

頷くとゆっくりとお尻を掘られだす。
二人に攻められる。

「これがスペシャルだよ」

「逝きたくなったら言ってごらん」(ミワちゃん)
「何処に出したいの?」(りんちゃん)

「お口に出させてください」

「ハッキリ聞こえないよ」(りんちゃん)

オ○○コを押し付けられながらしごかれる。
尻穴に舌が入ってきた。
ゾクゾクして逝きそうになる。

ミワちゃんに根元を握られ射精を止められる。
凄いテクニックで射精出来ない。

落ち着いてくるとまた二人に攻められる。
今度はりんちゃんがまたがってくる。
ミワちゃんにしごかれお尻に舌を入れられながらりんちゃんのオ○○コをなめるなる。
ビラビラが大きな子でべチャべチャとまとわりつく。
エロい匂いで逝きそうになる。

「あっ」

絶妙なタイミングでチ○ポが暖かくなり強烈に吸われる。
りんちゃんのオ○○コで口のまわりがべチャべチャになりながら頭が真っ白になる。
強烈な射精感に頭がしびれた。

りんちゃんが出て行きみわさんが残った。
添い寝をして色々話してみた。

今日は系列店からヘルプでたまたま来たと言ってた。
詳しく聞くとどうやら普段はSM嬢。
それはつぼを心得ている攻めなわけだ(笑
「今度はうちのお店に来てね、楽しかったから少しだけサービスしてあげる」
時間ギリギリまでりんちゃんに楽しく遊んで貰いました。

スッキリして出口を出るとオッサンに
「どや思いっきり吸い取られたやろ」と(笑
手を振ってフラフラとホテルに向かった。

久しぶりに凄いテクニックでやられました。
本番何て無くてもこれなら十分満足できるでしょうね。
他の女の子もかなり凄いらしい。
また行ったら通うつもりです(笑

後日談がありますがまた書きます

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。