FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピンクサロン略してピンサロだ!

最近、少し悩んでいた。崇高な修行にもかかわらず、マンネリ化を感じていた。自らに喝を入れるべく、ピンサロに行くことにした。

実は、ピンサロの経験が少ない。「風俗道を極めるんだ!」そう誓ったあの日から、はや25年。俺は、アクナキ挑戦を続けてきた。だが、ピンサロの不潔感やボックスシートでのプレイ等が、どうしても好きになれない。これは風俗神が与えたもうた試練…誰かが俺に囁いたような気がした。

多くのピンサロが点在する繁華街。ヒタスラ歩くものの、なかなか店を決められない。内心ドキドキ、足取りは重い。客引きは、いかにもピンサロ流。手をパンパン叩きながら、早口で話しかけてくる。「こんなんじゃ駄目ダァーッ!!」ハラを決め、一つの店にターゲットを絞った。

下品な巨大ネオンが、光りまくっている。その下には、汚いオッサン。汗だくで客引きをしている。物凄く香ばしい、昭和の匂い。誘われるかのように、入った。

オッサンの説明攻撃は、無視。バカの早口は、訳が分からない。店内に入ると、頭がおかしくなりそうな大音量。ココまでウルサイ音楽は、まさに凶器。次々と襲いかかる、昭和レトロ攻撃。料金を支払うと、雌豚共の写真を見せられた。暗くて見えないのも、店の作戦だろう。どうせ、ろくでもない雌豚しかいない。「どれでも構わんッ!」と吐き捨てた。

ようやく、席に案内された。その頃には、目も慣れてきて…隣の席でのプレイが、丸見え!?やはり、俺の来る場所ではなかった。だが、今更、後戻りも出来ない。落ち着かない気持ちを静め、ブタが来るのを待つことにした。

『いらっしやいませ』ピンサロ嬢の登場。人生の年輪を感じさせる顔。薄暗い中でも十分わかる、ババァーだ。「どうにでもなりやがれ」諦めていたので、大して驚かなかった。

いよいよ、プレイ開始。妙に骨ばった手で、ズボンとパンツを脱がされた。上半身はしっかり服を着てるのに、下半身が足首の所まで脱がされている。中途半端な格好で、罰ゲームをしているようだ。情けなさと恥ずかしさが入り混じる中、オシボリでムスコを拭かれた。

と、いきなり奴がムスコをくわえた。大きな音をたてながら、フェラを始めた。周りの目、ウルサイ音楽、解読不能のアナウンス。激しい店の攻撃で、全く身が入らない。しかし、俺は玄人。プロフェッショナル。絶体絶命のピンチの中で、一つの方法を思いついた。

おもむろに、奴の頭を鷲掴みにした。ガッツンガッツン、腰を激しく突き上げた。奴は涙目。闘いとは、厳しいものよ…柳生十兵衛も言っていた。

続けること数分、やっとフィニッシュ!用済みのババァーを吹っ飛ばした。1秒たりとも、こんな場所にいたくない。0.1秒でズボンを履き、店を出た。今度ピンサロに行くのは、いつの日になるだろう。そんなコトを考えながら、家路を急いだ。

今日の一句【ピンサロは雑念を払って挑むべし!】

札幌デリヘルでデートコース♪♪

最近よく行く、札幌デリヘルでデートコースを良く利用します。
もちろん、その姫が私の好みで可愛いからです。
19歳の長身でお店のHPではギャル系のお勧めの子となっています。
その娘とは4~5回会っており、すぐに感じてしまう良い姫です。
服の上から胸を触っただけでも、目がとろんとしてきます。
パンツの中は何時でも湿っており、パンツの替えが必要だそうです。

今回は会ってから直ぐにアダルトショップに行き飛びっ子を購入。
車の中で装着させました。
試してみたところ、相当良い模様。
あまりに感じてはまずいので、私のほうから
「弱い方で良いよ!」
といったところ
「うーうん、強い方で着けて」
と逆に言われてしまいました。
飛びっ子を着けるのは初めてだそうで、移動する車の中でも
「気持ちいい~」
とずっと言っていました。
交差点で、止まった際に1回目の絶頂を迎えていました。
音の事も気になっていましたが、デパートに入り人ごみの中では音は全然聞こえてきません。
姫も
「これなら大丈夫だし、車の中でより感じる」
と小声で言ってきました。
その後、姫の方も慣れてきたのか、反応があまり無くなってきたのでずっとONのまま、一通りお店を見学してたところ、靴屋さんにて試着をする事になりました。
椅子にすわり試着をし、店員さんがサイズを探しに行っている際に姫が
「椅子に座ったらイキそうになってきた」
と言っています。
店員さんが戻ってきますが、もちろんそのままONで様子をみます。
試着なんとか済ませ、自分の靴に履き替えている時に足元をずっとゴソゴソしています。
後で聞いたら、その時イッていたので手に力が入らなくなっていたのだそうです。
そろそろ時間なので帰ろうと思い、車をパーキング取りにいきます。
タワーパーキングなので、待ち時間が何分か有りました。
姫はそろそろ車に帰れる事で緊張感が抜けたのか、パーキングのおじさんが居るのに感じまくりです(笑い)
声すら出ていませんがうつむきながら明らかにイッています。
ベンチにすわりながら、太ももをさわると私の手にも振動が来ます。
こっそり胸をギュっと揉むと、姫は口に手を当ててイッてしまいました。
車に乗り込んだ後は、姫から私のアソコを触ってくるくらい待ちきれない様子になっています。

ホテルでのこの後の盛り上がりは凄いものでした。
ホテルに入ると自分から服を脱ぎ始め、私の服も脱がせて着ます。
今まではフェラは苦手と言ってテコキしかしなかったのに、いつの間にか咥えてます。
いつもは予想して私も綺麗にしてますが、予想外。
良く見ると白っぽいものがついてる様な状態です。
しかし姫は「ウッウッ、ジュルッ」と言う感じでほおばってます。
その後は自然に姫の方からまたがってきました。
もう姫は目を真っ白にして感じまくっています。
私の方も限界なので、姫に
「何処に出す?」
と聞いたところ
「中はダメ」
と言われたので
「じゃあ最後は飲んでね!」
と言いました。
イクの合図で姫が体制を切替、私のアソコに吸い付き無事フィニッシュです。
完全にMになっている姫の方も満足そうに飲み干しています。

姫からまた今度これで遊んでねと言われています。

病気で頭巾姿の高校生に「お前はタリバンか」…警官が暴言

日光を浴びてはいけない「ポルフィリン症」のため、上半身を覆う黒い頭巾(ずきん)を着用していた鳥取県境港市の高校3年男子生徒(18)に対し、米子署員が職務質問の際に「お前は(アフガニスタンの旧支配勢力)タリバンか」と発言していたことが、6日の県議会で明らかになった。

議員の指摘を受け、佐藤幸一郎・県警本部長は「不適切だった」と謝罪した。
県警などによると、同署員2人が昨年10月28日夕、米子市内で自転車の2人乗りを
していた生徒を見つけ、署員の1人が「その変な格好をしたやつ、止まれ」と呼び止め、
「タリバン」との言葉を使い、頭巾をとるよう求めたという。生徒と母親が翌日から2度、
同署に抗議、署長らが謝罪した。県警は、この病気を紹介するDVDを県内全署に配布し、
病気への理解を深めるよう指示した。

ポルフィリン症は、光線過敏症の一種で、日光を浴びると皮膚が腫れ上がるなどし、
繰り返すと皮膚自体がもろくなる。市橋正光・神戸大名誉教授(皮膚科)は「患者
には日光を浴びないように黒い服を着るよう勧めている。タリバン呼ばわりは無知
によるもので、憤りを感じる」と話している。

若いからって、いいことばかりじゃない...

近所のピンサロは、価格が安く(15分・3K~)、在籍のほとんどが10代と若く、さらに現役高●生と同い年(18歳)の子もいたりしてナイスなんですが、おおむね女の子の「喋りが下手」「テクも下手」という評判で、いざ出撃、となると、なかなか悩ましいところである店です。
今回も「若さ」をとり出撃してきたのですが、残念ながらしょんぼりと帰ってきてしまいました。

今回のお相手はSちゃん(18歳)。
写真指名で、ギャル系の女子ばかりの中で、黒髪の清楚な感じが光っていたのと、「当店最年少」という文字に惹かれました。
この店では「最長」となる30分コースだ。

10分ほど待ってご対面。体操着姿がまぶしい。
写真の通り清楚でロリ。
軽く化粧をしているので18歳には見えるが、もっと幼くも見える。
「もしかして同級生は高●生?」なんて質問、ちょっと怖くて出来ない感じ。

入店3か月、その前はフリーターだったとのこと。
3か月やっているわりに、喋りがかなり拙い。
まあ短い時間でヌク店だから、いいか。

「下、脱いでください」
と言われるがまま脱ぐと、エタノールを吹きかけたおしぼりでチ●コを拭かれる。
そしてSちゃんは体操着の上とブラを脱ぎ、いきなりパクっ。
うむむ...前戯というか、導入のエロさがあまりに足りない...。
まあ短い時間でヌク店だから、いいか...いやいや、よくない。
まずはおっぱいの味見をさせてもらわないと。

「おっぱい舐めさせて」
と、既にあらわになっているおっぱいにしゃぶりつく。
若くてとても張りのある肌には、感動。
左手はブルマの中へ。

(私)「Sちゃんは、Hは好きなの?」
(Sちゃん)「いいえ」
(...ってか、ソッコーでこう答える?...心の叫び)
(S)「女の子って、本当はみんなHは嫌いだと思います」
(...そりゃ、間違いだよ。嫌いな子もいれば、好きな子だっているよ...と心の叫び)
(私)「それって、Sちゃんが、いいHしてないからだと思うよ」
(S)「...」(沈黙)
(私)「ってか、これまで何人くらいとHしたの?」
(S)「恥ずかしいです...」
(ん? ...心閉じている、もう聞けない感じ...)

ならばと、ブルマの中のあそこを集中攻撃!
でも、湿り気の「し」の字もなし...
ならば、とツバをつけようとすると、それはNGとのこと。
うむむ...仕方ない、指だけで頑張ろう。

DキスはOKだが、舌を絡ませるように...というにはほど遠い。
フェラも、最初こそ気持ちよかったが、すぐに力任せの一本調子となってしまい、3分もすると飽きてくる。
もちろん若い娘にやってもらっている、という状況で興奮はするけど、しごき方があまりに強すぎて、ほとんど痛い。

(私)「ちょっと待って...」
(S)「あっ、痛かった?」
(私)「うん。最初みたいに、優しくやって」
(S)「ごめんね」

そう、その調子。優しくやってくれれば、それなりに気持ちいい。
5分ほどそうしていると、彼女のあそこも、ようやくニュルニュルと湿り気を帯びてきた。
反射的につい指を入れそうになるが、それもNGなのでガマン。

そこで、
「濡れてきたよ、気持ちいいの?」
と振ってみたものの、
「...」(無言)
せっかく気持ちがのってきたのに、どうもこんな会話で萎えてしまう...。
いやいや、ここで萎えては勿体ない。
現役女子●生にやってフェラしてもらってるぜ、もらっているぜ、気持ちいいぜ、と自己暗示をかけるように、なんとか射精に導こうと脳内テンションを上げていく。

すると目の前のピチピチの肌の背中につい、舌が伸びてしゃぶりつこうとしてしまうが、
「イヤです...」
と、聞こえるか聞こえないかの小さな声で拒否られる。
またしても、テンション沈没。
すると店内放送で
「Sちゃん、あと10分です...」
と流れ、「そろそろ...」と射精を促す彼女。

仕方ない。隣のブースのギャル系女の子のフェラ姿を横目でチラリと見ながら、何とか射精感を高めていく。
ああ、やっぱああいう娘にしときゃよかったかな?
エロそうだし、会話もこの娘よりはできそうだし...
いやいや、でもさ、Sちゃん、このウブさがいいんだよな、そうそう、こんな娘がピンサロにいること自体、奇跡だよ!
うん、一生懸命舐めてくれてありがとう...

すると感謝の気持ちからか、ふと射精感がやって来る。よっしゃ。
「Sちゃん、いいよ、気持ちいいよ、イクよ!」
と、何とか時間内に発射できた。
しかしイクときも、しごく手のスピードを緩めず、痛みを伴う射精だった。

終わるとすぐに片付けに入り、「ちょっと待っててね」と、いなくなってしまう。
3分ほどで戻ってきたので、まだ時間あるかな、とお話しを始めようとすると
「もう時間なの...」
腕時計を見るとまあ、確かに5分前。
発射までに時間かかりすぎたためだ。

(私)「しごくスピード、速いのもいいけど、ゆっくりも混ぜて、緩急をつけた方が気持ちいいよ」
(S)「でも、速くして、って言われることが多いですよ」
(私)「まあ、好みだからね...」

若い、ってだけでも、確かにいいんだけど、お喋りもそうだし、せめてテクをもう少し磨いて欲しい...
若くて可愛い子が多いんだから、お店がもう少し指導してくれると、かなり優良店になると思うんだけどな...
何とか発射はできたものの、なんだかモヤモヤと、こすれたあそこの痛みの残る出撃でありました。

新人研修(?)

地方に住む者で、ソープランドもないので、ヌクとしたらデリヘル位なものです。
いつも、使っている店は、オープンでは無いが、メニューに○番があるコースがあり、よく使うので、ママに今日出勤の女の子を確認すると、
「今日は、新人で、まだ働くか分からない子がいるけど、お願いできる?」
と言う話だった。
以前も新人が付いたので、ある意味楽しみではあった。
(その前の子は、源氏名を考えさられた事までも)

ホテルに入り、店に電話すると、30分位でくるとの事。
来て、会って見ると、どこにもいるような子だけども、可愛い部類でエッチを楽しみにしていた。
源氏名を聞くと、本名でRと言う。
まぁ、どこぞの源氏名に近いがこう言う場では、それをうなずくしかない。

バイブとかで遊ぶのが好きな私だが、その子も最初から反応が良かった。
2度目には、○番まで求めてきて、軽いMな子と分かった。
(クンニをすると喜び、軽く尻を叩くと喜んでいた。)

今まで付き合った男運が悪かったとRは言うが、尽くすタイプだったらしく、最初からフェラはうまかった。
聞く範囲では、彼氏が来るとすぐにエッチをしていたらしいので、そのためかフェラを鍛えたらしい。(?)
そのフェラで、初めて逝ったときに、これまでの女の子は、口からタラリと垂らしていたが、ゴックンとしてしまった。
風俗素人と言う事で、彼女には、してはイケない事や、お客から言われて嫌な事は、さりげなく断るように。洗い方(ボディーソープの仕方等)も教えたが、流石にその事は言ってなかったので、それは、有償オプションになるから基本的には、ゴックンはしないほうが良いと伝えました。
後日、同じ店で別の子に付いた時に、ゴックンはオプションだったと言うのを始めてしりました。(汗)

Rは、家庭なのか彼氏の縺れから、一時お店を辞めてしまった。
辞めた時に、あれ程の感度の良い娘はなかなかいないので、残念に思いました。
Rが復帰した後の話は、また後日にでも。

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。